05020187103は税理士・社労士の紹介!?3つの断り方を大公開!

05020187103税理士・社労士の紹介という情報が出ています。

簡単にまとめていますので、サラっと会社確認してみてください。

迷惑電話遍歴

迷惑電話の断り方【動画アリ】もあわせてご覧ください.

目次

迷惑電話の特徴【05020187103

05020187103】迷惑電話の特徴

  • ビズプラットホームの営業
  • 税理士・社労士の紹介?
  • 代表者宛にかかってきた
  • 勝手に話し続ける

迷惑電話遍歴

悪質な営業電話かもしれません。

迷惑電話の断り方【05020187103

研修トレーナー太田章代の【ビジネスコミュニケーション術】

会社で営業電話をスパッと断るトーク動画(7分14秒)

迷惑電話遍歴

下記動画のポイントを書き起こしました↓

とりあえず、サラッとポイントを確認して動画を見るかを決めてくださいね。

AKIYO先生プロフィール

アイキャリア株式会社 

代表取締役 太田章代

ビジネスコミュニケーション専門家
人材育成コンサルタント

AKIYO先生は電話を受ける側・かける側の2つを経験されています。

  • 電話を受ける側の損害保険の事務職
  • 電話をかける側の広告代理店の営業職

そのため、

営業時代にこのように断られたら電話しづらいという断りトークを知っているとのこと。

言ってはいけないフレーズ 

05055263838への電話対応

ただ今、席を外しております。

営業側が担当者不在だと思って、またかけてくる

電話に出た時に営業電話とわかってもきつい言葉で断ってしまうのは良くないです。

会社の代表として印象よく断ることが大事になります。

営業した側はこっぴどく言われた会社名などを覚えています。

どこでどうつながってるかわからないからあくまでも丁寧にはっきり断りましょう。

不快にさせない断り

恐れ入りますが、どのようなご用件でしょうか?

必要・不必要の内容確認して下記の言葉で丁寧に断る(上司に相談など)

申し訳ありません、○○の件はお断りするように言われております

営業側はまた電話しても同じことを言われると思いアポイントリストにバツがつく

AKIYO先生最後に

はっきりと断ることによってお互いの時間を無駄にしないで済みます。

営業の方も人間ですからも感情があります、会社の代表として感情的にならずに丁寧にお断りしましょう。

詳しくは、少し上に戻って動画(7:14)をご覧ください。

しつこい時は、消費生活センターへ!

消費者ホットライン188
独立行政法人 国民生活センターHP 全国の消費者生活センター等
迷惑電話遍歴

アイドマ・ホールディングスの迷惑電話って、しつこいウザイことがあるみたいですね。

下記のような場合は、

消費生活センターへ電話・相談しましょう。

  • しつこい
  • 詐欺電話なんじゃない?
  • 怖い・不安な気持ちがある
  • 何か気になる

消費者ホットライン(全国統一番号)

消費者ホットライン188
独立行政法人 国民生活センターHP 全国の消費者生活センター等

消費者ホットラインとは?

消費者ホットラインは、「誰もがアクセスしやすい相談窓口」として開設されたものです。


引用元:独立行政法人 国民生活センターHP 全国の消費者生活センター等
迷惑電話遍歴

消費者庁公式動画です↓

消費者庁/CAA 消費生活センター紹介動画(30秒編)24万回再生
迷惑電話遍歴

相談窓口の電話番号188です。

全国統一番号になります。

05020187103のまとめ

今回の記事をまとめますと、

  • ビズプラットホームの営業
  • 迷惑電話の断りトーク
  • ただ今、席を外しております→×
  • 会社の代表として印象よく断る
  • しつこい場合は
  • 消費者生活センターへ
  • 国家資格保有のプロが対応
  • 188(全国統一番号)

以上で今回の記事は終了です。お読みいただきありがとうございました。

あなたの体験談を大募集!

迷惑電話遍歴

あなたの迷惑電話を教えてください!

  • 私はこんな迷惑電話が来た
  • 私はこんな断り方をした
  • 私はこんな断り方で失敗した

あなたの体験談が他の人の役に立ちます!

家族や友達の体験談でも構いません。

是非、コメント欄に気軽に書いてください。

迷惑電話遍歴

お待ちしております。

コメント欄はこの記事下にあります↓

当ブログは運営者の承認制になっております。

  • ふざけたコメント
  • 誹謗中傷

など、そぐわないコメントは運営者の判断で非承認とさせていただきます。ご了承ください。

役に立ったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次